MENU

ログハウスの発祥と歴史、始まりは3,500年前

f:id:aoi_kino_ouchi:20211004215604p:image

 

住宅や別荘として見かけるようになってきたログハウスですが、その発祥や歴史をご存知ですか?

 

実はログハウスの歴史はとても古く、確認できる世界最古のログハウスは紀元前1,500年ごろのものになります。

 

今回はログハウスの発祥や歴史についてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

ログハウスの発祥と歴史

 

ログハウスと聞くと北欧が思い浮かぶため、その発祥は北欧だと思われがちですが、

実は正式な発祥地は分かっていません。

 

世界最古のログハウスは、東南ヨーロッパにあるバルカン半島に紀元前1,500年頃に建てられたものがありますが、

 

ログハウスの遺構は世界各地に残っており、発祥地については諸説あります。

 

Point

遺構(いこう)とは、残っている古い建物のことをいいます。

 

ではなぜ、ログハウスは北欧というイメージがついたのでしょうか?

 

それはログハウスが、森林が多く、寒さの厳しい北欧を中心に世界に広まったと考えられているためです。

 

さらに、主流になっているマシンカットログハウスをはじめに作ったのはフィンランドで、

ログハウスの生産量世界一もフィンランドになっています。

 

ログハウスの発展に北欧は欠かせないね

 

Point

マシンカットログハウスとは、マシンでカットしたログ(丸太)を使用したログハウスのことです。

※ログハウスの種類は現在執筆中です。

 

 

 

日本のログハウスの歴史

 

日本で最古のログハウスは、奈良県の東大寺にある正倉院宝庫です。

 

f:id:aoi_kino_ouchi:20211004213342j:image

南東からみた正倉

引用︰正倉院 - 正倉院

 

正倉院宝庫の正確な創建年次の記載は残っていませんが、756年ごろに創建されたと考えられています。

 

その後、森林の多い日本でも徐々に広がりを見せ、

現在ではログハウスの耐震・耐火・耐久性等や再生可能エネルギー源を使用していることから需要が増えてきています。

 

※ログハウスの耐震・耐火・耐久性や再生化のエネルギーについては現在執筆中です。

 

 

 

まとめ

 

ログハウスには古い歴史があり、その始まりは3,500年以上前になります。

 

長い間受け継がれてきた理由や実際の住み心地等

をこれからも更新していくので

ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村